rrryyyuuu

困れ。困らなきゃ何もで きない。

本田宗一郎(本田技研工業最高顧問)

あなた方は多くの人々の胸元に国家転覆を高らかに謳うゲバラの顔写真がプリントされ溢れることを許すのに、一人のおじさんがプリキュアのポスターを部屋に貼ることは断じて許さないのはなぜなのか。
ブラック企業に勤めてしょっちゅう「辞めたい」と言っているのに一向に別の仕事を探さないアラサー世代は、幼少時に覚えた「転職するとレベルが1になる」というルールが頭に刷り込まれているんだと思う。

Twitter / tsumakichan (via valvallow)

逆に転職した方が楽しいのになぁ。
レベル1でロトの剣振り回してる気分ですよ。私。
毎日レベルアップのファンファーレがなりまくる快感に浸ってます。

まぁ、前職などでひのきのぼうしか手に入らなかった人は御愁傷様。
つか、ひのきのぼうしか手に入らないようなとこにしがみついてどうするよ、と思う。

(via psychedesire)

一方、意見の言いやすい上司は、たとえ間違った意見でも、「なるほど、そう考えたのか」といったん受け止めた上で、「こういう考え方もある」と示唆してくれるタイプでした。どちらのほうが自分のパフォーマンスが伸びたかと言うと、意見を言いやすい上司の元で仕事をしていた時でした。
先輩に教えられたこと。一般性があるかどうかはわからないけれど、ちょっと思い出したのでメモ。
「会社に、先生はいない。ルールを変えたかったら、周囲を説得して、自分で変えるんだ。全ての社員に、そのために必要な権限とツールが与えられている。こんな貧弱な道具では無理だ、できっこない。みんな最初はそう思う。でもね、基本的には、社員も社長も大差ないんだ。だんだんわかってくるよ」
もっと端的な表現として、これは別の先輩の言葉だけれども、「この会社に、神は存在しない」という説明にはシビレタ記憶がある。
「月が自分の光で輝いているのでは無いと知った時、わたしはとても嬉しかった」

qbly:

Perfume FES!! 2014

719043:

Gun turret No.4 from IJN Nagato-class battleship Mutsu.

m0r1:

Twitter / masashikomori: 子供が「漢字の成り立ちを想像して絵を描く」って宿題をやってた …
私が相談していた友人の弁護士とのやり取りにこんな一場面がありました。

「食べログは裁判をしたくないんです。97%勝てる裁判でも、3%負ける可能性があるならしません。とにかく、和解に持ち込みます。最終的に裁判になったとして、この案件は最高裁に行く類です。そうなると裁判費用も掛かりますし、個人では難しいと食べログサイトは見ています。まぁ、全国の同じ要望を持つ店舗をまとめて、集団訴訟でもするくらいでないと難しいです。」